経口摂取の安全性

経口摂取の安全性

ヒアルロン酸の経口摂取における安全性というデータは今現在をもって多くありません。しかし人体にもともと備わっている成分であるため適切な使用をする上では安全性の高さが示唆されます。ただ、前述のとおり確証に至るデータがないため妊婦や授乳期などの服用は避ける方が賢明でしょう。

 

そしてヒアルロン酸に限らず、体内に存在する量を上回る急激な摂取というのは臓器に負担を強いることになります。経口、外用とも目的に合わせた適切な用法容量で使用することが大事です

 

◇外用でのアレルギー反応は稀である
生まれた時から体内にあるヒアルロン酸の安全性は高いと言えますが、薬を服用する、またアレルギー体質である人は投与部位に発赤、強い痛み、かゆみなどアレルギー反応の可能性がでてきます。アナフィラキシーショックなど重度の症状の報告はなく、頻度としては非常に少なく比較的安全性に優れています。